收藏

ルイヴィトン 公式サイト編集

お、俺には無理だ。俺には今の翡翠に立ち向かうことが出来ない……立ち向かったら、明日 の太陽は拝めないよう気がする。 「そうだ、忘れてました」 今、思い出したように翡翠が言うと、アルクの耳を掴んだまま、俺の元に来た。アルクは未 だに痛いと叫んでいる。 翡翠は頬をほんのり赤く染め、目を閉じた。 ちゅっ
表示ラベル: