ルイヴィトンダミエグラフィット長財布

見に行く

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null これは、ナツ子の口を通して徐々に知ったことですが、由起は、自分以外の交代人格をたいへん嫌っていたようです。嫌う理由は、それぞれの人格ごとに違っていて、たとえば幼児的人格のミクの場合は、要するに、恥ずかしい、ということです。ミクが表に出ているところを誰かに見られるのは、由起にとってはたまらなく恥ずかしいことだったようです。由起はナツ子のことだって気に入っていたわけじゃないが、まあ、大目に見ていた。許容範囲だった。しかし、ミクを人目にさらすのは、耐えがたい恥辱《ちじよく》だと思っていたようです。  そこでわたしは由起とじっくり話し合いました。  ミクがわたしの前にあらわれて幼稚なふるまいをしたとしても、けっして奇異な目で見たりはしないと約束しました。ミクにかぎらず、ほかのどんな人格と出会っても、その人格をあざわらったり蔑《さげす》んだりはしないと誓いました。  由起はやっと納得してくれました。 〈じゃあ先生、ちょっとの間《あいだ》、部屋から出ていてください〉と彼女が頼むので、わたしは廊下へ出て、五分ほどしてから戻ったんです。  すると、彼女はソファの上にあぐら坐りをして——さっきご覧になったような格好です——あのときもスカートをはいていましたが、そんなことはおかまいなしに、あぐらをかいて、置物の、陶器の子供の人形を手にして、小声で何か話しかけていました。その人形は、わたしの娘が高校の修学旅行のおみやげに買ってきたもので、診療室の書棚の隅に置いてあったんです。彼女はそれを手に持って、幼い女の子がするように、ひとり遊びをしていました。  幼児の人格があらわれているのだと気づいたわたしが、〈ミクちゃんかい?〉と声をかけると、びっくりしたようにわたしを見あげて、〈そうだよ。おじちゃんはだれ?〉と訊き返しました。舌たらずの言葉も、表情も、しぐさも、何もかもが幼女そのものという感じでした。  わたしはミクの存在をあらかじめ知っていたわけですが、それでも、由起やナツ子があらわれたときより、やはり驚きは大きかったです。  ミクはすぐにわたしに慣れて、いっしょに遊ぼうとせがむんです。初対面のその日、はしゃぐミクの相手をしてソファのクッションを投げっこしたり、絵を描いたり、半時間ほど遊びに付き合ってやりました。  その様子を由起が中から見ていたらしくて、以来、わたしを信用して、いつでも自由にミクに会わせてくれるようになりました。わたしが気味悪がったり、嫌悪感を見せたりしたら、二度と会わせないつもりでいたそうです。  しかしね、いかにも平気な顔でミクの相手をしてみせはしましたが、実際のところ、初めは少なからず違和感を持ちましたよ。精神科医をやっていれば、患者の幼児退行なんて珍しくもないですが、それとはいささか趣《おもむき》が違いますからね。由起のようなしっかりした人格が、ほんのわずかな時間で、見かけの言動だけでなく、知能までも、まるっきり幼児に変貌してしまったのを目《ま》のあたりにすると、やはり奇異な感じは持ってしまいます。真由美には、多重人格は単なる精神障害の一つにすぎないんだ、と説いておきながら、わたし自身、慣れるまでは、はっきり言って不気味に思うこともありました。あなたもさっき、ちょっとそういう表情をお見せになったが、これは仕方のないことです。  ただ、自分でも意外だったのは、ミクという幼児の人格を奇異に感じたのは最初の数回だけで、そのあとはむしろ、あの天真爛漫《てんしんらんまん》さを見ていると、こちらの気持ちまでがなごんだりもしました。  そのことを、由起に話したことがあるんです。——いやあ、怒られました。ひどく怒られてしまいました。めったに感情をあらわさない由起が、眉間《みけん》にしわを寄せて、わたしをなじりました。〈呑気《のんき》なことをおっしゃるのはやめてください。先生には、わたしたちの苦労が判らないんですか? ミクを見られたせいで、アルバイトを馘《くび》になったことだってあるんです。友達にも逃げられたんです。あの子のせいで、わたしたちの生活が何度もおびやかされているんです〉  由起にとって、ミクという幼児人格は、単に、人に見られると恥ずかしいというだけでは済まずに、もっと厄介《やつかい》な存在、自分たちの社会生活を破綻《はたん》させる存在だと思っていたようです。  ミクを見ていると気持ちがなごむなどと、つい能天気なことを口にしたわたしに由起が腹を立てたのも、まあ、当然だと思います。わたしが詫びると、いつものクールな口調にもどって由起は言いました。〈ミクはわたしのことを怖がっていて、自分を閉じ込めている意地悪な大人だと思っているようですけれど、それはやむをえないことなんです。うっかりあの子を外へ出してしまうと、あとでみんなが困ることになるんです〉  したがって、ミクはめったに外に出してもらえない。出してもらえないから、いつもさみしがっている。診療室でわたしと遊ぶひとときが、ミクにとって唯一《ゆいいつ》、のびのびできる自由時間だったわけです。だから、ミクはわたしにとても懐《なつ》きました。面接でわたしに呼び出されるのを愉《たの》しみにしていました。  しかも、おどろいたことに、ときどき外からわたしに電話をかけてきたりもしました。ふだんは由起にきびしく監視されているはずなんですが、その目を盗んで、わたしに電話をしてくるんです。ミクの社会知識は四歳児か五歳児程度でしたが、電話のかけ方は知っていて、〈もしもし、せんせえ、ミクだよ〉と夜更《よふ》けにいきなりかけてくるんです。わたしの妻や娘が受話器をとることもあって、最初は子供のいたずら電話だと思っていたらしいです。いや、それは患者のひとりなんだと説明すると、つぎからはすぐにわたしに回してくれるようになりました。  診療室での面接中は、いつも由起が中から見ているんですが、電話のときは、由起が油断しているのか、あるいは眠っているのか、いずれにしろ、口の堅い由起とちがってミクは、わたしが訊くと、知っていることは何でも話してくれました。
    2015-02-06 21:03
    ŗ 評論 0
発祥地|ルイヴィトンダミエグラフィット長財布
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ルイヴィトンダミエグラフィット長財布規格品代購,ルイヴィトン長財布ダミエグラフィットジッピーウォレットヴェルティカルn63095|ルイヴィトンダミエグラフィット長財布の効果は良いですか_ルイヴィトンダミエグラフィット長財布画像