收藏

louis vuittonルイヴィトンダミエグラフィット編集

[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ グラフィット ジッピーウオレット・ヴェルティカル N63095 [並行輸入品]
__108,00000
[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ グラフィット ジッピーウオレット・ヴェルティカル N63095 [並行輸入品] 
 桂木や若林たちのチーム・パラダイスの面々は、船員たちを島ホテルの前の砂浜に集めた。桂木は、 「みんな、ご苦労さん。これで君たちの仕事は終った。あとは、ただただ遊び暮していてくれればいい。もっとも、どうしても手伝ってもらわねばならない仕事があるときだけはよろしく頼むが」  と、言う。 「女はどこだ! マリファナは? 酒は?」  作業服をまとった船員たちは|拳《こぶし》を突きだしてわめいた。 「いま、頼みはすべてかなえてやる」  桂木は腰のホルスターから、ゆっくりと拳銃を抜いた。 「畜生……」  船員たちは血相を変えてあとじさった。 「あわてるな。女たちを呼ぶんだ」  桂木は銃口を空に向けて引き金をガク引きした。  銃声が空に消えると同時に、ホテルのドアが開き、誘拐してきてあった美女百人ほどが駆け寄った、船員たちと同数だ。  みんな、ビキニのパンティとブラジャーの上に、簡単に脱げるムームーのようなドレスをつけている。毛布で包んだものを抱えている。  女たちも一と月も男と触れずに過ごしたので、欲望を野生のもののように輝かせていた。飢えきった船員たちが喚声をあげて跳びかかってくるのを見て、わざと逃げながら|挑発《ちょうはつ》する。  だが、五分もたたぬうちにそれぞれの相手は決った。ホモやレズはいないようだ。女たちが拡げた毛布のなかには、|酒《さけ》|壜《びん》や焼き肉やイセエビの蒸しものなど……それに島で栽培された大麻の樹脂や葉で作ったハッシーシや、やはり島で育てたケシのネギ坊主の実を傷つけて取ったアヘンを練り固めたものなどが入っていた。  チーム・パラダイスの面々はティー・パーティに加わらずに、船員たちが騒ぎにまぎれて脱走を企てないように見張った。  だが、その心配は無用のようであった。  船員たちも女たちも、快楽に|貪《どん》|婪《らん》であった。|溜《た》まりきっているので一回目はあっという間に終ったが、二回目の交わりをしながら、アルコールとパイプに詰めて火をつけたハッシーシを交互に体に入れる。
表示ラベル: