(MIUMIU)ミュウミュウ 財布コピー 新作 レザー リボン スタッズ ブラック 5M1109
null
null「アの国? そんな国……正気なの? あなたたち?」  その赤毛の女性は、めくれ上ったタイト・スカートを気にしながら言った。  ムトセは、女性の手を取って、階段の下に案内した。 「やあ! あんたは、まともそうだな? 教えてくれるな? ここはどこで、どんなアングラ集団かさ」  ジャンバーの男が、ラース・ワウの兵隊たちを掻《か》き分けて、ムトセと白人女性の前に出て来た。 「英語、喋《しゃべ》れます?」 「……? 少しなら……」 「マーベル・フローズンです。わたしにも、何も分らないんです。けど、彼等、芝居ではないらしいですよ……」 「私は、トレンだ。オペラ座でも、最近は、こういう芝居は流行《はや》らないんだぜ! どういうことだ?」 「異なる世界だと申し上げました」  ムトセが、また同じ事を言った。 「こちらです」  同じ警備隊のバラモーが、ショット以下、バーン、ジョク、ガラリアを案内して、マーベルとトレンの前に現れた。  十数本の松明《たいまつ》の光の中に現れたショットたちの集団に、トレンとマーベルは、さらに、身をすくめた。 「どちらから、参られた?」  ショットの英語に、マーベルとトレンが、顔を見合わせ、 「英語が……?」 「私は、アメリカ人だ。今は、ここバイストン・ウェルのアの国に寄留している」